Dilu et Culum/ディルとクルム 〜紅い花 白い花 伝想花〜


『紅い花 白い花 伝想花』部分(4×4㎝)


夜が明けると
ディルは飛ぶ
愛の言葉と 白い花をもって
クルムのもとへ

夜が明けると
クルムは飛ぶ
愛の歌と 紅い花をもって
ディルのもとへ

夜が明けて
ディルとクルムはいない
けれども 紅い花 白い花は
飛んでゆくよ
ふたりの 夜明けの歌と共に



<光と影の女王チェーニの5番弟子 エリザベス鳥プップの解説>

『紅い花 白い花』のうたは
13月世に伝わる最も古いうたのひとつです
『チェーニのうた』と同じく この詩も作者不詳であり
同じ頃に制作されたものと推測されています


13月世に伝わる12月世の物語です( —13月世の時祷書より )

12月世に生まれた恋人 ディルとクルムは

朝日が昇ると お互いの想いを伝えるために

手に豆梨の花を持ち 豆梨の木のもとで逢っていました

ある悲劇が起こり 12月世では結ばれなかったふたりは

13月世で美しい2羽の鳥の姿として生まれ

その想いは “伝想花”と呼ばれる空飛ぶ紅い花と白い花となり

今もなお たくさんの想いを伝えるために
13月世の空を飛んでいるのです


コメント

人気の投稿